利用規約

お客様ご利用規約
(普通取引約款)

第1条 定義
1.「楽歩」とは、NPO法人楽歩 A型就労支援 ジョブ長久手を言います。
2.「商品」とは、「楽歩」が自らの店舗においてお客様に販売する製品を言います。「楽歩」以外からお客様が購入された製品はこれに含んでおりません。
3.「お客様」とは、人のほか、株式会社などの法人を含みます。

第2条 約款の適用
1.本約款は、楽歩とお客様との間の商品売買契約の全てに適用されます。
2.楽歩は、本約款の適用を前提条件として、お客様からの商品購入の申込みを承諾します。お客様が楽歩に対し商品購入を申し込む際には、お客様は本約款が適用されることに同意し、本約款の内容を異議無く承諾したものとみなします。
3.楽歩は、お客様の特段の承諾を得ることなく本約款を変更することができ、お客様は予めこれを承諾するものとします。

第3条 商品売買の場所、その他の義務履行地
1.楽歩がお客様に対し商品を販売する場所は楽歩のみとします。
2.楽歩がお客様に対し商品売買契約に起因して商品引渡し義務、原状回復義務、商品代金返還義務、損害賠償義務その他何らかの義務を負担する場合、それらの義務の履行地は、特段の個別合意が無い限り、お客様が当該商品を購入した楽歩の通信販売のみとします。

第4条 商品売買契約の対象物品
1.楽歩がお客様に販売する商品は、原則として、楽歩に現存する在庫商品とします。
2.楽歩の各店舗に現存しない在庫商品について、原則として、楽歩はお客様からの取寄発注のご依頼をお受けすることはできません。
3.もし、お客様が楽歩にご来店された際にご購入を希望する在庫商品が無かった場合にも、楽歩はお客様に対し商品取寄義務、商品取置義務、損害賠償義務その他何らの法的責任も負担することはできません。尚、楽歩は現存する在庫商品の状況を電話、通販等において一定の時間間隔で内容を更新しながらご案内しておりますが、在庫商品の状況は刻々と変動するため、ご案内の内容は在庫状況と完全には一致しません。ご案内の内容はあくまでも参考情報であり、商品在庫の存在を保証するものではないことを予めご了承ください。

第5条 商品売買契約締結までの手続
1.楽歩の通販からの商品の選定の作業は、原則として、お客様ご自身において行うものとします。お客様は上記作業を自らの十分な注意と責任のもとに行ってください。万一お客様において商品の発注の間違いがあった場合、楽歩はこれについて法的責任を負担することはできません。楽歩とお客様との間で商品売買契約を締結する場合、及び楽歩の責任に起因する損害についてはこの限りではありません。
2.お客様は前項の発注作業後、善良なる管理者としての注意義務をもって、楽歩の商品を取り扱うものとします。

第6条 商品売買契約の締結
1.楽歩とお客様間の商品売買契約は、原則として、楽歩の通販において、お客様から楽歩に対する購入商品の呈示のもと、楽歩が販売入力作業を完了した時点において成立するものとします。
2.楽歩の通販における代金支払と商品引渡を予定していない商品については、例外的に、楽歩からお客様に対するご請求書の送付(申込み)に対し、お客様から楽歩に支払われた商品代金の着金(承諾)があった時点において、楽歩とお客様間の商品売買契約が成立するものとします。この場合、楽歩からお客様に送付した請求書記載の金額が同書記載の期日に支払われない場合、上記請求書記載の売買契約の申込みは自動的に失効するものとします。

第7条 売買代金の支払
1.お客様は、楽歩に対し、商品売買契約成立後速やかに、銀行口座入金、その他承諾する方法において支払うものとします。
2.前項の規定は、前条の例外的な商品売買契約には適用されません。

第8条 商品の引渡し、運送
1.楽歩は、お客様に対し楽歩の商品をお渡しすることをもって商品売買契約に基づく商品引渡義務の履行を完了するものとします。
2.前項の引渡しを受けた後の商品の保管や自動車・自宅への運送については、お客様が自らの責任において行うものとします。万一お客様において商品の保管や商品の盗難、紛失、毀損その他の事故や損害が発生した場合にも、楽歩はこれについて法的責任を負担することはできません。ただし、楽歩の責任に起因する損害についてはこの限りではありません
3.お客様が楽歩から購入された商品の所有権は、第1項ないし第3項の商品引渡時をもって楽歩からお客様に移転するものとします。
4.第1項の引渡しを受けた後の商品についてお客様が、楽歩を担当する運送業者との間で有償の運送契約を締結した場合、運送契約の契約条件の詳細は当該運送業者が定めている約款に規定されたとおりとします。
5.前項の運送契約上のお客様に対する責任は、全て運送業者が負担します。楽歩がこれを負担することはできません。

第9条 商品の品質保証
1.楽歩が指定する特定の商品について、楽歩はお客様に対し、通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(瑕疵)が無いことを保証します(以下「特別品質保証」と言います)。
2.前項に規定する特別品質保証について、本約款に規定のない部分は、楽歩が別途定める「品質保証に関する規約」及び各商品に個別に定められた品質保証規約に規定された内容及び手続きとします。
3.楽歩が指定する特定の商品について特別品質保証の保証期間内に通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(瑕疵)があることが判明した場合、楽歩は、お客様に対し、通常の使用を妨げない状態の商品を無償で提供します。同一商品が確保できない場合、楽歩はお客様に対し、同一商品または代替商品との交換をいたします。上記の対応の選択権は楽歩にあるものとします。
4.第1項ないし第3項の規定に基づき欠陥(瑕疵)の商品交換を求める場合、お客様は楽歩に対し、購入時のレシート、商品及び欠陥の呈示などの方法で、お客様が楽歩から当該商品を購入した事実、当該商品に通常の使用を妨げるような材料または製造上の欠陥(いわゆる瑕疵)が存在した事実、特別品質保証の要件(指定商品であることや保証期間内であることなど)を全て満たすという事実を証明することを要します。これらの呈示ないし証明が無い場合、楽歩はお客様に対し、欠陥(瑕疵)の修理や商品交換を行うことはできません。

第9条 目的物に瑕疵ある場合の返金
1.万一お客様にご購入頂いた商品に瑕疵(欠陥や不具合)があった場合、楽歩はその瑕疵の内容・程度に応じて、無償保証(瑕疵ある商品交換)、同一商品または同等商品との交換、商品代金の返還のいずれかを行います。具体的な対応は事案に応じて楽歩が選択できるものとします。
2.楽歩が商品代金の返還を選択した場合、お客様・楽歩間の商品売買契約は当然に失効するものとします。この場合、楽歩はお客様に対し瑕疵ある商品と引き換えに商品代金を返還するものとします。この場合の商品代金の返還方法は、銀行口座への振り込みとします。具体的な返還方法は事案に応じて楽歩が選択できるものとします。
3.お客様が楽歩に対して購入商品について商品の瑕疵を理由とした保障(瑕疵ある部品の交換)、返品、商品代金の返還、損害賠償などを請求できる期間は、その商品の賞味期限とします。ただし、第8条所定の特別品質保証の対象商品である場合、楽歩に故意又は重過失がある場合、法規に反する結果となる場合には、この限りではありません。
4.お客様が商品の瑕疵の代金返還を求める場合、お客様は楽歩に対し、当該商品を購入時のレシート原本、商品及び瑕疵の呈示などの方法で、お客様が楽歩から当該商品を購入した事実、購入日及び商品に瑕疵が存在する事実を証明することを要します。もしこれらの呈示ないし証明が無い場合、楽歩はお客様に対し、本条規定の商品代金の返還等を行うことはできません。

第10条 免責規定

楽歩のお客様に対する債務不履行や不法行為等に基づく損害賠償責任は、楽歩に故意または重過失がない限り、お客様がご購入した商品代金+送料を上限金額とします。

第11条 お客様の遵守事項
1.お客様は楽歩に対し下記の事項を遵守する注意義務を負担します。
・商品の使用に先だって、使用に問題ないかの事前確認作業
2.お客様の注意義務違反によって楽歩が損害を被った場合、お客様は楽歩に対しその損害を賠償する責任を負担します。

第12条 準拠法・管轄裁判所
1.本約款を含む楽歩とお客様との契約関係は日本法に準拠します。
2.楽歩とお客様との紛争に関しては名古屋地方(簡易)裁判所とします。

第13条 その他

本約款の各規定は強行法規等によって法律上無効とされない限度で法的効力を有するものであり、仮に本約款規定の一部の条項が法律上無効と判断された場合においても残りの条項は引き続き法的効力を有するものとします。

(2016年1月改定)